節税対策のできる土地活用の方法

所有地を持っていてもそのままにしていて、利用できていないという例も少なくありません。
土地は放置していても固定資産税は必要ですし、管理にも費用が必要ですので、有効活用できる方法を考えていきましょう。
土地活用で初期費用を抑えて活用するのであれば、駐車場として貸し出す、資材置き場として貸し出すなどがあげられます。
この場合は初期費用を抑えることができ、賃貸での収入も得ることができます。
ただ、これらの方法では収益は低く、固定資産税や相続税の軽減対策にはなりません。
もう少し土地活用で費用を出せるのであれば、アパート経営を考えてみるのも良いでしょう。
初期費用は多く必要となりますが、相続税などの節税対策となりますし、固定資産税の評価額の軽減を行うことができ、所得税軽減対策も行うことができます。
さらに、経営がうまくいけば長期に安定した収入を得ることもできます。
オフィスビルを建てる場合なども同じように税金対策ができますので、それぞれに合った方法で土地活用していきましょう。


recommend


受注管理システム



最終更新日:2020/2/20