相続税対策に効果的な土地活用は行えていますか

相続税対策としてよく挙げられるのが、アパートやマンション建築などの土地活用です。
しかし、そういった土地活用法がどんな効果があるのか理解している人は多くありません。
相続税の対策には、「財産の評価の引き下げ」「財産の移転」「納税財源の確保」「遺産分割」という四つの柱がありますが、アパート建築は評価の引き下げにウェイトを置いた方法です。
しかし、納税財源の確保という観点から見ると、アパートなどの建物は物納が困難であり、好ましくない方法と言えます。
相続税の対策として最も重要なのは納税財源の確保なので、まずはすべての財産の中から納税財源を確保できるかどうかを確認してから、余った財産を活用することを考えるべきです。
活用例としては、親の土地に子供名義のアパートを建てる、という物が挙げられます。
この場合、土地は更地と評価されますが、アパートの賃料収入は子供の物になるので、子供の財産を形成しつつ、納税財源を蓄えることもできます。


check

サバゲーの装備を探すならこちら

2018/6/26 更新